FC2ブログ

二輪とカメラと僕 | 二輪好きな私が、バイク2台自転車2台で、カメラを持って旅に出る。

セロー:2014年 GW 東北の旅 その2

こんばんは、ちょっと間が空いてしまいましたが
心の想い出ポケットから零れ落ちきる前に書ききらねば。

前回の日記では 

(1日目 兵庫県~富山県、2日目 富山県~山形県)

を紹介しました。

船出の朝
船出の朝 posted by (C)旅人Y




さて、山形県は鶴岡市のビジネスホテルにて1泊しまして
朝8時ちょい前に出立しました。
初日に富山県にてキャンプ泊したのですが、持ってきた装備では寒さに耐えられず寝れなかった為
思い切ってビジネスホテルに泊まったのですが、お陰でぐっすり眠れてスッキリ目覚めることができました。

鶴岡カトリック教会天主堂

山形 天主堂
山形 天主堂 posted by (C)旅人Y

ビジネスホテルから、約10分程度の場所にありました。
国内で唯一、「黒い聖母マリア像」が見られる場所として有名だそうで、
明治36年フランスのデリブランド修道院から寄贈されたそうです。
後から知ったのですが、この教会ではステンドグラスではなく、透明な紙に描かれた聖画を
2枚のガラスではさんで貼ってあるもので、窓絵と呼ばれここでしか見られないそうです。
黒い聖母マリア像で頭一杯でよく見てませんでした・・・。orz

昨年、九州は長崎ツーリング時に長崎県にて天主堂巡りをした折に見た
天主堂に劣らない素晴らしい天主堂でした。

良かったら見てみてください↓
○ 九州ツーリング2013年 長崎リベンジ その1
○ 九州ツーリング2013年 長崎リベンジ その2
DSC01202
DSC01202 posted by (C)旅人Y

さて、次の目的地まで国道7号線を北上して秋田県に入ると・・・。
並木を見ることが出来ました。

桜舞う道
桜舞う道 posted by (C)旅人Y

私の住んでいる関西は兵庫県では、もう2週間前にはの見頃が終わってしまいましたが
流石東北地方、今がの見頃です。

鳥海山ブルーライン

鳥海山ブルーライン
鳥海山ブルーライン posted by (C)旅人Y

素晴らしいワインディングと、景観が、私を待っていました。
白い雪壁に反射して、多少眩しくはあるものの3~5mの雪壁の間からチラチラ見える日本海

ふきのとう
ふきのとう posted by (C)旅人Y

雪の中からふきのとうが顔を出しており、春の息吹を感じつつバイクの楽しさを満喫できました。
関西では、楽しめない景色たまりません。

鳥海山ブルーライン_01
鳥海山ブルーライン_01 posted by (C)旅人Y

展望台からは、勿論日本海も望めますが・・・。
ちと見えてませんね・・・orz

金峯神社

金峰神社
金峰神社 posted by (C)旅人Y
この神社は、慈覚大師が鳥海山の巨人「手長足長」を退治した際に
鳥海大権現と蔵王権現を奉じたとされている。

金峰神社_変わった彫り物
金峰神社_変わった彫り物 posted by (C)旅人Y

本堂の彫り物なんですが、日本では見ない形ですよね。

更に、雪解け水豊富な今の時期に迫力の滝を見ることが出来るのです。
境内を本道へ向かい歩いていると、蛇さんと出会いました。

金峰神社 へびさん
金峰神社 へびさん posted by (C)旅人Y

きっと、やっと暖かくなって冬眠から出てきたのでしょう結構動きが早くて驚きました。

奈曽の白滝

奈曽の白滝
奈曽の白滝 posted by (C)旅人Y

鳥海山から流れる奈曽川にある滝で、一帯は鳥海国定公園である。
10万年以上の小滝溶岩からなり、周辺は鳥海山へと登る人たちが泊まる宿坊集落であった。
1932年に「奈曽の白瀑谷」として国の名勝に指定され、1950年には新日本観光地百選の1つに選ばれている。
(Wiki 抜粋)
金峯神社の本堂から望む事が出来ますが、私は下までおりてみました。
本当に冷たくて、雪解けのお陰か本当に水量豊富な滝でした。

にかほ高原

にかほ高原_02
にかほ高原_02 posted by (C)旅人Y

にかほ高原_01
にかほ高原_01 posted by (C)旅人Y

うっすら鳥海山が映り、開けた牧草地が広がる。
開放感と、空と、太陽と色々、言葉にならない景色が待っていた。

鳥海山と風車と にかほ高原
鳥海山と風車と にかほ高原 posted by (C)旅人Y

私の腕がイマイチな為に伝わらないかと思いますが、雲ひとつ無い蒼穹の空と
ただ、セローの排気音と風車の回る音と鳥の鳴き声だけが世界の全てかと思う程でした。
最高です。

ふきのとうと
ふきのとうと posted by (C)旅人Y

こちらでもふきのとうが・・・。

土田牧場

土田牧場_入り口
土田牧場_入り口 posted by (C)旅人Y

牧場と言えば?

土田牧場_ソフト
土田牧場_ソフト posted by (C)旅人Y

ソフトクリーム!
濃厚なミルクの味があまくてたまりません。
これで、お腹が減ってきて・・・。

土田牧場_ソーセージ
土田牧場_ソーセージ posted by (C)旅人Y

ソーセージも食べちゃいました!
ピリっと辛くてGood!!!最高です!

土田牧場_02
土田牧場_02 posted by (C)旅人Y

わんこsのお昼寝姿とかもうネ。。。

土田牧場_01
土田牧場_01 posted by (C)旅人Y

あそんであそんでとはしゃぐハスキー。

他にもヤギやら、ウサギやら、羊やら、牛やら色々居ましたが
可愛いけど尺が足りないので割愛(私は犬派)
ペット飼いたいケドツーリングすると独身だとちょっと・・・。

さて、名残惜しいですがにかほ高原を下りて次のスポットへ
ワインディングも最高でした!

折渡千体地蔵

日本海東北自動車道(無料)を下りた所、警察が張っていてビックリしました。
まぁ、安全運転の私には関係ない(遠い目)
@1点でチェックメイトなんて言えない

折渡峠 千体地蔵_01
折渡峠 千体地蔵_01 posted by (C)旅人Y

折渡峠 千体地蔵
折渡峠 千体地蔵 posted by (C)旅人Y

高名な是山和尚が建てた延命地蔵尊が本尊から始まったそうです。
ちょっと隠れたスポットなのか、周りに休憩所兼、お土産屋さんがあったけど人影を見ることが出来なかったが
ゆっくり一息入れるのには最適、適度な峠の途中にあります。


角館の

角館の桜
角館の桜 posted by (C)旅人Y

この写真だけ見るとまばらですが、GWだし、桜の名所&ちょうど最高の見頃だったようで
尋常じゃない混み具合で、ゆっくり武家屋敷や、お昼を堪能しようと思っていたのだが
人の多さと、駐車場が見つからない関係で逃げるように後にした。

田沢湖

田沢湖たつこ像と_2
田沢湖たつこ像と_2 posted by (C)旅人Y

秋田県の中東部に位置する。直径は約6kmの円形、最大深度は423.4mで日本第一位だそうです。
湖面標高は249mであるため、最深部の湖底は海面下174.4mということになる。この深さゆえに、真冬でも湖面が凍り付くことはない。そして、深い湖水に差し込んだ太陽光は水深に応じて湖水を明るい翡翠色から濃い藍色にまで彩るといわれており、そのためか日本のバイカル湖と呼ばれているんだそうです。(Wiki参照)

たつこ像と
たつこ像と posted by (C)旅人Y

たつこの伝説
美人だったたつこはいつの日か衰えていくであろうその若さと美しさを何とか保ちたいと願うようになる。
大蔵観音に、百夜の願掛けをした。必死の願いに観音が応え、山深い泉の在処を辰子に示した。そのお告げの通り泉の水を辰子は飲んだが、急に激しい喉の渇きを覚え、しかもいくら水を飲んでも渇きは激しくなるばかりであった。狂奔する辰子の姿は、いつの間にか龍へと変化していった。自分の身に起こった報いを悟った辰子は、田沢湖に身を沈め、そこの主として暮らすようになった。
辰子の母は、山に入ったまま帰らない辰子の身を案じ、やがて湖の畔で辰子と対面を果たした。辰子は変わらぬ姿で母を迎えたが、その実体は既に人ではなかった。悲しむ母が、別れを告げる辰子を想って投げた松明が、水に入ると魚の姿をとった。これが田沢湖のクニマスの始まりと言われている。
と言う伝説があるのだ。(Wiki抜粋)

悲恋とかじゃなく、なんだろうこのもやっとする人間味溢れるだけの伝説は・・・。

それはおいといて、本当に田沢湖の水は澄んでいてブルーでした。

田沢湖
田沢湖 posted by (C)旅人Y

八幡平アスピーテライン

アスピーテライン
アスピーテライン posted by (C)旅人Y

途中ショートカットしようとして林道に入ったのですが、雪で通行できず折り返したり、
観光バスが連なりゆっくり走るので、なかなかペースが上がらなかったのですがどうにか到着。
雪壁に挟まれたワインディング道路を走る。
傾き始めた陽を背に頂上まで。

アスピーテラインワイド
アスピーテラインワイド posted by (C)旅人Y

絶景かな?ちなみに、ここは頂上手前のエスケープゾーン。
実はこちらから、カメラのトラブルが発生調子が悪くなり携帯で撮影。トホホ
頂上はバイク駐車100円でした。
下りる時は、風が出て積った雪が風で巻き上げられ視界が一時真っ白に染まってました。

ここから暫く走る走る。

R103から、R454に入ったところ再び通って十和田湖に抜ける道が・・・。
雪の為、通行止め・・・。
Oh,一応セローさんで行けるかちょっと見たんですけど、無理そう・・・。
絶望しながら、次の目的地へ向かう

キリストの墓

キリストの墓
キリストの墓 posted by (C)旅人Y

キリストの墓です。

ええ、誰がなんと言おうとキリストのお墓です。
又吉 ○エスさんではございません。

えぇ、みんな何か言いたいのは分かってますでも堪えて下さい。
すみません堪えてつかぁーさい。

キリストの墓なんです。

十字塚
十字塚 posted by (C)旅人Y

1935年(昭和10年)8月初に、鳥谷幡山が1934年(昭和9年)10月に見つけた
大石神のピラミッド]確認のため青森県戸来(へらい)村(現在は三戸郡新郷村大字戸来。)
を鳥谷とともに訪ねていた新宗教団体の教祖、竹内巨麿(たけうちきよまろ)は、
2間~3間の長方形の盛り土をみると立ち止まり、それが古文献を一人で調べた結果により、
そこに統来訪神と書いた目標と前の野月の二ツ塚に「十来塚」と書くよう村長に話したという。
この後竹内巨麿は竹内文書に、「イスキリス・クリスマス。福の神。八戸太郎天空神。
五色人へ遣わし文」にはじまる記述や「イスキリス・クリスマス」の遺言があるとし、
イスキリス・クリスマスはゴルゴダの丘で処刑されず、弟のイスキリを身代わりにして
日本に渡来して死に、その墓が「十来塚」であるとする。このイスキリス・クリスマスがイエス・キリストであり
「十来塚」が「イエス・キリストの墓」であるという。ただし、竹内文書は多くの研究者から「偽書」と断定されている。
この後「古代史書研究会」が来村、戸来村の村名は、ヘブライに由来するとした。
アメリカ在住の川守田英二が現地の伝承歌であるナニャドヤラがヤハゥエをたたえる
ヘブライ語の歌であるという書簡を戸来村に送ったそうです。
(Wiki 抜粋)

もはやもう語ることはありません。
ただひとつ言える事は、キリストの墓だと言うことです・・・。

亡国からの、友好を表す記念の書が何とも言えない感じでした。

さて、日も落ちてきてもはや夕日の十和田湖を写真に収めることが無理になったので
十和田湖まで大回りでたどり着くしかなくなってしまいました。
ええ、もう走りましたよ。真っ暗な殆ど街灯の無い真っ暗なR102を・・・。

奥入瀬渓流や、自然を感じる事が無くキット無表情で必死に宿へ・・・。

十和田湖 バックパッカーズ

家族で経営されている宿で、とても親切で暖かく素敵な宿でした。

航跡
航跡 posted by (C)旅人Y

走行 494.68km
給油2回 39.7/kmL ,39.0km/l

4日目に続きます。




1日目・2日目↓
  
  (GW 東北ツーリング1日目 兵庫県~富山県、2日目 富山県~山形県)

スポンサーサイト



Category : 東北
Posted by 旅人Y on  | 16 comments  0 trackback

16 Comments

vさん says..."こんばんは~(*^^)v"
毎日、どーもですぅ~ へへ!!


ユッキーさんの人柄、行動力、美的センス、文才・・・


ちょっと、圧倒されマスネ・・


良いのでしょうか? このブログタダで見せて・・・笑!!

それにしても、色々な東北の風景を見せて頂き感動してオリマス・・

やっぱり、旅は良いものデスネェーー!! (*^^)v
2014.05.23 19:40 | URL | #- [edit]
けんぢ says..."まいど!"
たくさんの写真、よかったです(*´▽`*)

自分は地元しかウロウロしないんですがYさんのこのブログを見ているとどこか遠方の行ったことの無い所へ行ってみたくなります…

足(セロー)はあるんだからあとは予定と行く気だけですね!

こちらこそ、これからもちょいちょい寄らせていただきます。

では、今後も御武運を!
2014.05.23 21:10 | URL | #- [edit]
Bipolar says...""
ワイディングと雪と日本海...「いいとこどり」ですね、まさに。

キリストの墓、十和田湖、懐かしいです。

でもやっぱり、お約束は「ソフトクリーム」ですよね!
私もこの夏、探して回りたいと思います。
2014.05.23 21:20 | URL | #- [edit]
るーのぼ says...""
何だか旅を堪能しているっていうのが伝わってくる記事でした。
遠方に出れば季節も違い、いろんな発見があるのが楽しそうです、良いですね~。

写真、どれも良いと思います、行ってみたい気にさせられました。(^-^)
2014.05.24 16:58 | URL | #- [edit]
SomeDay says...""
こんばんわ^^
いいですね~東北地方。

私も制覇すべき土地の一つとして、未だに未開ですので楽しく読ませてもらっています。
今年の夏…行けたら行きたいなぁと思っていますが、果たして。。

しかしまだ雪がこんもり残っていたんですね。
さすが東北です^^
2014.05.28 21:48 | URL | #- [edit]
旅人Y says..."Re: タイトルなし"
Bipolar さん
ありがとうございます。
素晴らしい旅になりました。
おぉ、いかれた事あるのですね!
そうですw
やっぱり寒くてもソフトクリームですw
是非、旅を!
2014.06.02 17:05 | URL | #- [edit]
旅人Y says..."Re: タイトルなし"
るーのぼ さん
ありがとうございます。
本当に東北素晴らしい場所でした。
初めての場所、初めての空気最高でした。
これからも素敵な場所を探したいと思います!
るーのぼさんも是非!
2014.06.02 17:09 | URL | #- [edit]
旅人Y says..."Re: まいど!"
けんぢ さん
ありがとうございます。
私もセローでここまで走れるとは思いませんでした。
ぜひ遠方へも!
けんぢさんの、林道&キャンプツーも凄く楽しそうです。
私も、キャンツー等やってみたいです。
これからもよろしくお願いいたします!
2014.06.02 17:11 | URL | #- [edit]
旅人Y says..."Re: タイトルなし"
SomeDay さん
こんばんは!
ありがとうございます!
本当に素晴らしい所でした。
是非、東北へも!
私もSomeDayさんの日記で、九州へまた行きたい思いました。
これからも是非よろしくお願いします!w
2014.06.02 17:14 | URL | #- [edit]
旅人Y says..."Re: こんばんは~(*^^)v"
vさん
いつもありがとうございます!

バイクが好きなものでw

なんでもかんでも、楽しめるように遊んでます!

私も皆様のブログ楽しませてもらってますのでw

いやー、東北良かったです。
また行きたいです!

旅は良いものですね!w
2014.06.02 17:19 | URL | #- [edit]
小判鮫のコバンちゃん says...""
角館に十和田湖、八幡平懐かしいですね!
プロフィールの写真は
北陸の、砂浜を車やバイクで
走れるところですよね?
名前は忘れましたが。
私も、行きましたよ!
また、旅に出たいです
でも、いまは125なので
遠出は厳しいかな?
先日、久々に富士五湖プチツーリングに
行きましたよ!
2014.06.08 08:00 | URL | #- [edit]
旅人Y says..."Re: タイトルなし"
小判鮫のコバンちゃん さん
ありがとうございます。
おぉ、流石w
やっぱり行かれてましたか!w

そうです。
石川県は、なぎさドライブウェイでの写真になります。
関東の仲間と、途中で合流して走ってきました。
小判鮫のコバンちゃん さんもいろいろな場所を走られてるのですね!w

125だとちょっと荷物を積載するとちょっと窮屈かもしれませんね。
でも通勤等街中だとすごく走りやすそうです!

富士五湖も私も行ってみたいです。

4~5年前に通ったのですがゆっくり見る余裕がなくて・・・
山梨いいですねー!w
2014.06.12 08:07 | URL | #- [edit]
サンジ says..."今年"
今年のGWに、福島から東北6県を、w650で、ツーリングするですが、
去年走られた時は、気候はどんな感じで、やっぱ冬装備で、走られましたか?
2015.04.21 00:29 | URL | #9Cy9atPA [edit]
旅人Y says...""
サンジさん
こんばんは
おぉ、素晴らしいですね!
W650ですか!
いいですねー!
さて、昨年のGWですがやはり夜は肌寒く、エキスパートウインタースーツを着て走りました。(上着だけ)
夜間の走行を考えていらっしゃらないのでしたら、オーバーパンツはいらないかと思います。
私は、エドウィンの防風ジーンズと、インナー。上はエキスパートウインタースーツ(日中は、インナーをはずしました。)
日中は、暖かく走りやすかったと思います。早朝、遅晩はやはり冷え込むので、キャンプをされるなら、ある程度の装備が必要かと思います。(完全になめてたので私は、2日目からビジネスホテルを中心に旅宿などに泊まりました。)

えっと、冬装備は特に意識せず3シーズンのジャケット、インナーと防風系のジーンズ、もしもの為のレインコートがあれば、走れると思います!

私も再び、GWは東北へいくかもしれませんもし見かけたら、声を掛けてください!
2015.04.21 01:27 | URL | #- [edit]
サンジ says..."早速の"
コメントありがとうございます。
磐梯山、鳥海山、下北半島、
酸ケ湯、八甲田、上に登ると
相当な寒さと思いますが、
降りれば常に寒くないって、
感じですね(^_^)
上はラフロのオールシーズンインナー無し+インナーダウン、
下は、シンサレートパンツ+タイツ(ちと大袈裟?)で、大阪初で、GWは、楽しんで来まーす(^_^)
ありがとうございました(^_^)
2015.04.21 08:58 | URL | #bEl/vct6 [edit]
旅人Y says..."Re: 早速の"
サンジさん
もうGWツーリングはいかれたんですよね。
サンジさんにとって素晴らしい旅でありますようお祈り申し上げます。
あ、もうおわってるのか。。。、
2015.06.02 18:56 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yukutosi.blog.fc2.com/tb.php/33-0c2c7704
該当の記事は見つかりませんでした。