FC2ブログ

二輪とカメラと僕 | 二輪好きな私が、バイク2台自転車2台で、カメラを持って旅に出る。

セロー:2014年 GW 東北の旅 その4

こんばんは、再びちょっと間が空いてしまいましたが
前回からの続きを・・・。

船出の朝
船出の朝 posted by (C)旅人Y
(1日目 兵庫県~富山県、2日目 富山県~山形県 : 海王丸パーク、林泉寺、彌彦神社)

にかほ高原_02
にかほ高原_02 posted by (C)旅人Y
(3日目 山形県~秋田県~青森県 : 鳥海山ブルーライン、にかほ高原、田沢湖、八幡台アスピーテライン)

今日が終わる
今日が終わる posted by (C)旅人Y
(4日目 青森県 : 弘前さくら祭り、白神山地 (日本キャニオン、十二湖)、わさお、龍泊ライン、竜飛岬)




新八温泉

写真は無いのですが、割と新しい温泉施設だった。
深夜0時頃までゆっくり温泉に浸かり旅の疲れを癒す。仮眠室にて朝5時半頃までぐっすり仮眠できた。
5時から再び温泉に入れたので、起きてから再度温泉でリラックス。
古代檜を利用した浴槽があり、とても貴重で何か自然の力を感じられた気がした。

陸奥湊駅前朝市

陸奥湊駅前朝市
陸奥湊駅前朝市 posted by (C)旅人Y

八戸に行く時には、ここも是非寄ってみたかった。
朝市である。
新幹線等が開通し、青森が紹介された時に紹介されたので以前から興味があったのだ。
獲れたての魚介が、安価で沢山食べられると聞いてたのでわくわくしながら向かった。

陸奥湊駅前朝市_01
陸奥湊駅前朝市_01 posted by (C)旅人Y

市場の中で、小皿で取り分けてある商品を個々にチョイスして購入。
ご飯や、お味噌汁、お吸い物を選んで、買って自分だけの丼や、食べ方が出来非常に楽しめる。

朝から大盛りである。
朝から大盛りである。 posted by (C)旅人Y

私は、マグロから、貝から海老、白身と、塩辛、金目のお吸い物とウニをチョイス。

全部いちどに盛ってみた。

朝から大盛りである。

流石新鮮で美味しかった。
やはりジュージュー油の乗った肉も大好きなのだが、あっさりした海鮮も最高なのである。

お腹が一杯になったところで、前日よりセローの調子が悪いとツイッターでつぶやいたところ
フォロワーさんに紹介して頂いたYSP八戸へ・・・。

本当は、昨日のうちにどこかでオイル交換なり点検をしてもらいたかったのだが
青森県にバイク用品店が無い(らしい)ので諦めてどこか目に付くバイク屋へ入りたかったのでとても助かった。

YSP八戸

YSP八戸_02
YSP八戸_02 posted by (C)旅人Y

朝市を堪能してから、しばらくぶらついたのだが朝市の人々のエネルギーに圧倒され
私はすごすごと撤退したのだった、YSP八戸に到着した時にはまだ開店前だった。
しかしながら、ほどなく店員さんが現れて事情を説明すると快く診てくださった。
開店準備をただぼーっと眺めていたのだが、さすが雪国 除雪機や、スノーモービル等々も置いてあり
雪国を改めて意識されたのだった。

店員さんが続々通勤してきてあれよあれよと、開店したのだった。

私は、ほどなくオイル交換と簡単な点検をしてもらうことにした。
店内で店長さんや、店員さんと旅の風景や話をしながら待っていると、
YSP八戸を紹介してくださったフォロワーさんが到着。
同じくオイル交換等々をされるとの事。

仲良く並ぶセローを撮影

YSP八戸
YSP八戸 posted by (C)旅人Y

手前の赤いセローがフォロワーさんの、奥の緑のセローが私のである。
タンクが赤く、私の黒く簡素なタンクを意識させられた。
赤いタンク良いなぁ・・・。まぁ、その代わり私のセローのゴールドホイールはカッコイイと思うケド・・・。

YSP八戸_01
YSP八戸_01 posted by (C)旅人Y

YSP八戸では、社長さんや店員さんが明るく本当に楽しい時間を過ごせた。
コーヒーもお替りまでいただいてしまった。

久慈方面へ抜けると伝えると、フォロワーさんが途中まで共に着いて来てくれるとの事。
ツインセローで久慈を目指す。

道の駅 おおの

道の駅おおの
道の駅おおの posted by (C)旅人Y

途中、花見シーズンで公園前の渋滞に巻き込まれたのだが無事到着。
フォロワーさんに先導してもらいながら、走ったのだがやはり自分の運転とはまた違って面白いのである。
公園を越えた後は、スムーズに走れたので気持ちよく走れた。

おおのでアイス
おおのでアイス posted by (C)旅人Y

おおのでは、近くの牧場からのミルクでのソフトクリームがとても濃厚でうまいとの事で挑戦。

濃厚で、とても甘いすばらしいソフトクリームだった。
ツーリングには欠かせないアイテムのひとつにソフトクリームが有るが、やはりソフトはすばらしい。

道の駅 おおのにて、フォロワーさんは用事があるとの事で挨拶を済ませ離脱。
今度は、再び一人で久慈を目指す。

小袖海岸

あまちゃんの聖地
あまちゃんの聖地 posted by (C)旅人Y

最近「あまちゃん」なるテレビドラマのおかげで、観光客が多く
土日祝日にはマイカー規制がかかっているようだ。(ただし二輪は、規制がない模様)
写真の後ろの堤防を、あまちゃんが走っていたようだ(私は見てないので知らない)

ほかにも、観光案内の方々が色々と説明してくれた。
海女の格好をさせてくれたり、色々とイベントをしていた。
二輪の人にも誘導や、声えかけてくださったりとバイク乗りにも優しく好感の持てる場所だった。

久慈の
久慈の posted by (C)旅人Y

奇岩溢れる海岸と、間にある滝と、様々な顔を見せてくれる場所だった。

滝ダム

滝ダム
滝ダム posted by (C)旅人Y

長内川の上流部、洪水調節や発電まで担う多目的ダム。

遠くに久慈港を望む
遠くに久慈港を望む posted by (C)旅人Y

久慈港から、数キロの近さで遠く港を望むことが出来る。
天候も良好、こいのぼりが気持ちよさそうに空を泳いでいた。

本来であれば、道の駅 久慈にて海鮮を食べる予定が、凄まじく昼食待ちの観光客が居たため
コンビニで、軽く昼食をとるはめに・・・。切ない

龍泉洞

龍泉洞_01
龍泉洞_01 posted by (C)旅人Y

今回の旅の目標地のひとつ

龍泉洞は、日本の岩手県岩泉町にある鍾乳洞。岩泉湧窟とも言う。
総延長約1,200m(日本の洞窟中第62位)。高低差約249mは日本の洞窟中第5位。
秋芳洞(山口県美祢市)・龍河洞(高知県香美市)と共に「日本三大鍾乳洞」の一つに数えられる。
また、地底湖は龍泉洞地底湖の水として1985年(昭和60年)名水百選のひとつに選定された。
(wiki 抜粋)

三大鍾乳洞の2つ目(秋芳洞は行った。)鍾乳洞、洞窟好きの私にはたまらないスポットだった。
(龍河洞は、到着したら既に閉まっていた季節によって営業時間が違う為注意が必要である。)

龍泉洞_02
龍泉洞_02 posted by (C)旅人Y

入り口の景色から、ワクワクさせてくれるのである。

外も中も寒い!
外も中も寒い! posted by (C)旅人Y

気温計を見ると、外気温13.5度、寒いな・・・。
洞内9.2度更に寒い・・・。

夏だとちょうど良い気温かもしれない。

龍泉洞_11
龍泉洞_11 posted by (C)旅人Y

洞窟内は、カラフルな照明で幻想的に彩られている。

龍泉洞_05
龍泉洞_05 posted by (C)旅人Y

足元も、照明が照らしている為気をつけていれば割りと足をとられることは無さそうだ。

龍泉洞
龍泉洞 posted by (C)旅人Y

龍泉洞_08
龍泉洞_08 posted by (C)旅人Y

洞窟内をゆく地下水はブルーでとても美しい。

龍泉洞_09
龍泉洞_09 posted by (C)旅人Y

水深98mの第3地底湖 透明度が高く、湖底まで綺麗に見えるのだ。
幻想的で美しい。

展示方法もとても素晴らしい。

龍泉洞_10
龍泉洞_10 posted by (C)旅人Y

歩きやすくは有ったが、高低さもあるのである。
高低差約249mだそうだ・・・。

とても満足できたのである。

後ろ髪を引かれつつ後にした。

遠野

龍泉洞より約100km道中ワインディングや、素晴らしい景色も堪能できた。

道中
道中 posted by (C)旅人Y

途中、廃駅や、道路工事による迂回等々あったもののなんとか到着。
民俗学学者の柳田國男の書いた逸話集、遠野物語の舞台である。
柳田國男は、私の住んでいる兵庫県に非常に縁がある。
兵庫県出身なのである。
以前から生家や、資料館には行ったことが有ったのでぜひ行きたい場所だったのだ。
遠野物語は、天狗、河童、座敷童子など妖怪に纏わるものから山人、マヨヒガ、
神隠し、死者などに関する怪談、さらには祀られる神、そして行事など多岐に渡る話しを網羅されている。

伝承園

到着時間が遅かった為閉館していた・・・。

カッパ淵

カッパ淵_01
カッパ淵_01 posted by (C)旅人Y

長閑な日本の原風景
だが、ここはカッパ淵なのだ

カッパ淵
カッパ淵 posted by (C)旅人Y

かっぱ釣り師
かっぱ釣り師 posted by (C)旅人Y

カッパ釣り師だっている。

きゅうりでカッパは釣れる!
きゅうりでカッパは釣れる! posted by (C)旅人Y

伝承園では、カッパ釣りの免許が貰えるのだが、閉館時間を過ぎていたため
貰うことが出来ないので、河童釣りが出来なかった。

非常に残念である。

常堅寺

常堅寺
常堅寺 posted by (C)旅人Y

カッパ淵から、カッパ橋を渡ればすぐそこにある。
ちょうどが散り始めで素晴らしく美しかった。

常堅寺_01
常堅寺_01 posted by (C)旅人Y

狛犬ですら、ここではカッパ。
カッパ狛犬と言うらしい。

カッパこまいぬ
カッパこまいぬ posted by (C)旅人Y

ふと道路で発見。

かっぱ
かっぱ posted by (C)旅人Y

やはりカッパなのである。

遠野ダム

当然、閉館していた。

卯子酉様

卯子酉神社
卯子酉神社 posted by (C)旅人Y

かつて一帯は大きな淵でそこに「淵の主」が住み、その主に男女の縁を祈願すると不思議に叶い、
特に信仰の篤い者には時として主自らが姿を現したといい、現在では祠の前にある木々の枝に、
左手だけで赤い布を結びつけることができたら、縁が結ばれると云われる。(wiki抜粋)

縁結びの神様なのである。
私も30歳を目の前にして、なんとか素敵な人と・・・。と思いお参りしようと思ったのだが・・・。

卯子酉神社_01
卯子酉神社_01 posted by (C)旅人Y

どうも、先客が15分待っても動かないのである・・・。
日も暮れるので次の場所へ・・・。

五百羅漢

羅漢像
羅漢像 posted by (C)旅人Y

山に入ると点在する石仏である。
もはや辺りは真っ暗なので、入り口を入って少々山を登ったところで諦めた。
引き返すのも勇気なのである。

コンセイサマ

コンセイサマを探しに
コンセイサマを探しに posted by (C)旅人Y

どうやらこの山3km程歩いた場所に有名なコンセイサマが祭られてるらしいのだが、山の中で明かりもないので
あえなく断念・・・。
あえて、コンセイサマが何なのか知りたい方は画像検索をされると良いだろう。
ネタにはなるが、女性や一部の方々には不快な思いをされるかもしれないので自己責任でお願いします。

遠野さくらまつり

遠野さくらまつり
遠野さくらまつり posted by (C)旅人Y

遠野もさくらのシーズン、シーズン終盤ではあったもののお祭りがちょうど開催しており
私もバイクを止めて、散歩した。
は・・・残念ながらブレていた・・・。

遠野駅前

遠野駅前
遠野駅前 posted by (C)旅人Y

少々雰囲気のある通りだった、日中は観光客が居るのだが祭りの影響も手伝って
まばらに観光客が居るだけだった。

のんき

夕飯を食べに! のんき
夕飯を食べに! のんき posted by (C)旅人Y

夕飯に雰囲気のある店へ

サラダ食べ放題!
サラダ食べ放題! posted by (C)旅人Y

適当に入ったのだが、サービスが・・・。
地産地消、サラダが無料なのはありがたかった。

くれつそば
くれつそば posted by (C)旅人Y

お勧めと言われたので、くれつそばにした。
ここら辺の名物なのだそうだ。

薬味がくれつなのだそうでピリッとして味が引き締まる感じがして旨い。

本来なら、このめがね橋に行きたかったのだがもう辺りは真っ暗だった。
SL銀河をこの目で見たかった・・・。
私が宿泊できそうな宿が、すべて埋まっていたのが痛い。
岩手県生まれの作家・宮沢賢治が記した童話「銀河鉄道の夜」の舞台であり
連想させるSLとその橋は圧巻であるとか・・・。
内部も当時を偲ばせるレトロなつくりになってるそうで、乗ってみたかった。
次回はこの辺りもしっかり訪れたいと思う。

予報ではこの後から雨、そして宿も取れなかった為泣く泣く移動するのだった。

無題
無題 posted by (C)旅人Y

航行距離 約350km

再び、温泉施設に宿泊したのだった。




4月25日~26日
(1日目 兵庫県~富山県、2日目 富山県~山形県 : 海王丸パーク、林泉寺、彌彦神社)
4月27日
(3日目 山形県~秋田県~青森県 : 鳥海山ブルーライン、にかほ高原、田沢湖、八幡台アスピーテライン)
4月28日
(4日目 青森県 : 弘前さくら祭り、白神山地 (日本キャニオン、十二湖)、わさお、龍泊ライン、竜飛岬)
スポンサーサイト



Category : 東北
Posted by 旅人Y on  | 10 comments  0 trackback

10 Comments

vさん says..."おはようございます!(*^^)v"
うら寂しくも、落ち着いた明媚な風景と、地場の極上な食・・・

ザ、旅!ですねぇ~!!

そう言えば、河童という言葉・・久しぶりに聞きました。爆!
ゲゲゲ以来でしょうか・・・。(*^^)v
2014.06.12 08:37 | URL | #- [edit]
小々次郎 says..."おはよーございます"
ホームページを見ると八戸の温泉施設はいい感じですね
源泉の掛け流しは立派、泊まってみたいですが さすがに遠いです
SL銀河が渡る めがね橋はコンクリートですが随分前から呼ばれてはいるんです(笑)
海鮮丼のシステムもおもしろいし うまそうですね
そこに行かなきゃ会わなかった前客の縁結びの切実さも身に染みます
相変わらずいい旅をしてますね^^
2014.06.12 09:44 | URL | #- [edit]
Bipolar says...""
朝から大盛りは、「あり」ですよね。
(起きるのが早過ぎるというのは、いったんスルーしてみます)

龍泉洞は、寒くなかったですか?
まだこの季節だと。

個人的には、秋芳洞よりもいいと思っています。
(あくまでもローカルな感想です)

また楽しいツーレポ、ありがとうございます!
2014.06.12 21:01 | URL | #- [edit]
b_life_9R says...""
海鮮丼最高ですね。
金目の吸い物もナイスです。(^-^)

ツーの途中でオイル交換ですか。(^^;
セローの調子は戻ったようで良かったです。

ダム、鍾乳洞…海・山・洞窟、探検隊ですか?(;^ω^)

私も鍾乳洞は大分で行きましたね。
入るとヒヤッととして夏は良いのですが、
気温が低すぎますね。(^^;

カッパ釣ってましたね。(゜-゜)
きゅうりで…。

あと、シンボルも拝見しました。
まぁ、神様も色々いますな。(^-^)

疲れた後は温泉でユッタリ、朝ご飯は温泉たまごだったりして。(*^^*)
2014.06.12 23:06 | URL | #- [edit]
SomeDay says...""
こんばんわ^^
カッパ…、伝説が残っているということは目撃証言もあるってことでしょうね。
鹿児島の石田湖にいる、イッシーしかり
そういった伝説はとても面白いです^^笑

これぞ地元に色濃く残る楽しさだと、旅をしていると感じます!
2014.06.15 02:14 | URL | #- [edit]
旅人Y says..."Re: おはようございます!(*^^)v"
vさん
いつもありがとうございます!
旅も終盤、ほぼあとは帰るだけになってしまいましたが
本当に楽しいたびでした。
カッパ普段はきかないですもんねw
ゲゲゲももう3年近く前になるんでしょうか?w
時間の流れは速いですねーw
2014.06.19 23:24 | URL | #- [edit]
旅人Y says..."Re: おはよーございます"
小々次郎 さん
いつもありがとうございます。
お、検索されましたかw
八戸の温泉施設本当に良かったですよ!w
是非w
SL銀河逃してしまったので是非また行きたいと思いますw
今回のたびSLと遭遇のチャンスを2回頂いたのに2回とも見れませんでした・・・。くー!残念!
海鮮丼も最高でした!w
是非東北へ!
2014.06.19 23:27 | URL | #- [edit]
旅人Y says..."Re: タイトルなし"
Bipolar さん
いつもありがとうございます。
朝から大盛りの海鮮w
贅沢でしたw

朝起きるのは確かに早すぎてもうちょっとゆっくりすればー・・・と思ったのですが
朝1番の風呂が目的でしたw
でも実は既に数人はいってました。
一番風呂が・・・。

龍泉洞をはじめ、まだ東北はとても寒く
キャンツーどころではなかったですw
キャンツー予定だったんですけどw

秋芳洞は、確かにその・・・
遊び心が足りませんw

龍泉洞の方が私も個人的に好みですw

いつも読んでいただき本当にありがとうございます!
2014.06.19 23:33 | URL | #- [edit]
旅人Y says..."Re: タイトルなし"
b_life_9R さん
いつもありがとうございます。
海鮮丼好きなものてんこ盛りで
とてもおいしく最高でしたw
金目もほんとGoodでしたよ!
どこかでツーリング中オイル交換はいるだろうなーとは思ってましたが
YSPでうけられたのは良かったですw
セローの調子は実は戻ってなかったのです・・・。
色々な場所を探検しながら東北を堪能しましたw

鍾乳洞私好きなんですw
大分も鍾乳洞あるんですね!w
いってみたいですw
本当に、確かにひやっとして、夏はいいんですけど・・・
この時期はちょっと寒かったですw

河童きゅうりで釣れるそうで・・。
ただ、免許がないと違法操業になるらしいのでw
やめときましたw

あーw
シンボルみてしまいましたかw

温泉はゆっくりできて本当にいいものですw
ゆっくりまったりツーリングですw
2014.06.19 23:39 | URL | #- [edit]
旅人Y says..."Re: タイトルなし"
SomeDay さん
こんばんは!
いつもありがとうございます!
ほんとうに、伝承にあるってことは昔はいたのかもしれませんw
今とは違うその時代に思いを馳せて
楽しみましたw

あーw
イッシーやら、色々日本にもいますねw
伝承伝説、本当に面白いです
一時期は、私も民俗学とか興味があってそっちにいきたかったのですがw
稼げないとのことで・・w

旅の醍醐味に、伝説と共にw
伝説にならないようにしながらはしりまわりますw

これからもお付き合いくださいw
2014.06.19 23:44 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yukutosi.blog.fc2.com/tb.php/35-2d4a6c87
該当の記事は見つかりませんでした。