FC2ブログ

二輪とカメラと僕 | 二輪好きな私が、バイク2台自転車2台で、カメラを持って旅に出る。

セロー:2014年 ぼくのなつやすみ in 北海道 2日 1/3

朝起きるとまだ早朝だった、しかし昨晩からの霧はまだ晴れておらず。
早朝のヒマワリ畑を密かに期待していたのだが夢と消えてしまった。
手早く、テントを撤収して積み込む。
留萌は霧です。
留萌は霧です。 posted by (C)旅人Y
テントの結露はやはり気になるが、数日に渡るツーリング中そういうこともあるだろと
若干諦めていたので、そのまま撤収した。

サンフラワー北竜

サンフラワー北竜
サンフラワー北竜 posted by (C)旅人Y
ヒマワリ畑の近く道の駅サンフラワー北竜に到着、手早くお手洗いを借りて改めて・・・。
全てが白い・・・。数日後に台風が控えているのに天候が心配である。
しかし、この道の駅サンフラワー北竜、入り口の竜の看板が非常に印象的であるが
宿泊施設、温泉施設を兼ね備えており、旅人にとても重宝されそうである。
(早朝から日帰り温泉も開放しているらしい)
駐車場にはまだ、キャンピングカーや、乗用車で車中泊されてる方々が多かったのでそそくさと出て行った。

留萌ダム

留萌ダム
留萌ダム posted by (C)旅人Y

早朝なので、ダムカードはもらえないだろうと思いつつ、北海道のダムは北海道が規模が大きいので
ダムも大きいのではと安直に考えていたが、バイクで上ってくる途中の高低さでわかってしまった。
ダムの天端を少し散歩して、ダムの全景を見て立ち去ろうとしたら、丁度巡回の管理人の方とお会いした。
すると、時間外にもかかわらずダムカードを頂くことができた。
天候は相変わらず曇りそして霧だが昨日に引き続き、幸運に恵まれたスタートである。

そのまま、オロロンラインへ出る。

日本海オロロンライン

オロロンライン
オロロンライン posted by (C)旅人Y

ライダーの間ではオロロンラインの愛称で知られる。
小樽から稚内まで続く海沿いを走る素晴らしい景観が続く道なのだ。
丁度オロロンラインを走ってると、次第に雲が晴れてきた。
青空と、青い海が広がってきた。

道の駅 おびら鰊番屋

道の駅 おびらおびら鰊番屋
道の駅 おびらおびら鰊番屋 posted by (C)旅人Y

オロロンラインを走っていると特徴的な建築物である旧花田家番屋が目に入ったのだが
また特徴的なモニュメント?に惹かれ松浦武四郎扇公園へ、松浦武四郎とは
江戸時代末期から北海道(当時は蝦夷地)を探検し、北海道と命名したとされる人物である。

みさき台公園

みさき台公園
みさき台公園 posted by (C)旅人Y

本来ならここで一夜を過ごしたかった場所。



紫陽花と
紫陽花と posted by (C)旅人Y

まだ綺麗な花を咲かせていた紫陽花の花や、ヒマワリ、そして素晴らしいロケーション。
海へ降りると。。。

金比羅岬
金比羅岬 posted by (C)旅人Y

金比羅岬と呼ばれるこの場所を象徴する鳥居が思ったよりもりっぱだった。
次回は、ここで泊まれるようにきちんと予定を組みたいと思う。

道の駅 富士見

みさき台公園から再びオロロンラインに戻り、更に北上。
そう言えば、朝はセイコマで買ったホットチリと、コーヒー、ヨーグルトだけだったのを想い出してお腹が減った為
少し早いが、昼食にした。

海鮮かきあげ丼
海鮮かきあげ丼 posted by (C)旅人Y
海鮮かき揚げ丼です。

どの変が海鮮なのかなーと思っていたら

たこさんもちゃんと入ってる
たこさんもちゃんと入ってる posted by (C)旅人Y

たこも入ってました。(笑)

さて、早い昼食を食べた後は富士見のと言う名の通り遠くに利尻富士を見れると言うことで展望台へ

道の駅 富士見 より 利尻富士
道の駅 富士見 より 利尻富士 posted by (C)旅人Y

確かに、微かに利尻富士がみえる。
中々見事である。

今回は渡れそうに無いが次回いけたら行きたいものだ。

オトンルイ風力発電所

言わずと知れた、北海道ツーリングスポット。
見事な風車の列と見事な道でした。

オトンルイ風力発電所_1
オトンルイ風力発電所_1 posted by (C)旅人Y



本当に、素敵な場所でした。

小鳥の囀りと、たまに通る車の音、そして風車のうなり声と見事だった。


今回は長くなるので、ここまで。
セロー:2014年 ぼくのなつやすみ in 北海道 2日 2/3 に続きます。
スポンサーサイト



Category : 北海道
Posted by 旅人Y on  | 10 comments  0 trackback

10 Comments

るーのぼ says...""
天気がだんだん晴れてきてよかったですね~。

行った先のレポ、参考になります。
あの直線道路はたまりません。(笑)

いつか自分のバイクでいきますよ~。(^-^)
2014.08.27 19:36 | URL | #- [edit]
vさん says..."こんばんは~(*^^)v"
オトンルイは、夢にも見ます・・爆!!

いつか、絶対行きますよ~!! 北海道!!

多分、定年後デス・・・はい。(*^^)v
2014.08.27 19:57 | URL | #- [edit]
Bipolar says...""
「ダム」と言えば「カレー」...(黙ります)

夏休み、欲しいです!
あと3ヶ月、我慢します。
(それは誰も「夏休み」とは認めてくれないかもしれませんが)
2014.08.27 21:31 | URL | #- [edit]
SomeDay says...""
オロロンラインを走っていると右手側に風車が見えたり、利尻富士が見えたり…
初めて北海道に行った時のことを思い出します^^

私は夕方に風車は見たのですが、圧巻でした。
バイク乗りにとっては本当に聖地なんだなぁと思いました^^

続きも楽しみにしています!
2014.08.28 22:38 | URL | #- [edit]
旅人Y says..."Re: タイトルなし"
るーのぼ さん
本当に、朝はどうなるかと思いましたが・・・
天気はどうなるかわかりませんw
本当にオロロン素敵な道でしたw
是非!w
2014.08.31 20:41 | URL | #- [edit]
旅人Y says..."Re: こんばんは~(*^^)v"
vさん
おぉ~!w
本当に雄大な自然と風車の調和素晴らしかったです!w
自然の力って凄いなーって思いますw
是非、北海道!w
素晴らしい道、景色が待ってます!w
2014.08.31 20:44 | URL | #- [edit]
旅人Y says..."Re: タイトルなし"
Bipolar さん
ダムと言えばカレーw
わかりますw
そう言えば去年、の今頃だったか・・・
ダムカレーを食べに行きましたw
黒部の100人前ダムカレー最高でしたw
http://photozou.jp/photo/show/869326/188593882
おそーい夏休み、もう雪ですねぇ・・・。
今北海道紅葉が綺麗らしいですw
もうかなり寒いとかw
2014.08.31 20:47 | URL | #- [edit]
旅人Y says..."Re: タイトルなし"
SomeDay さん
ほんと、オロロンライン素晴らしいですよね!
実際は結構豪雨の影響で迂回路が設定されてたり
いけない場所も多々ありましたがホント素晴らしかったです。
おぉ、夕方の風車も優美でしょうねー!w
沈む夕陽に照らされた風車よだれがでます(ぇ
本当に素晴らしい!w
続きガンバりますw
2014.08.31 20:52 | URL | #- [edit]
b_life_9R says...""
真っ白な景色からスタートですね。(^^)

寒くなかったですか?

ひまわり残念でしたね。
まぁ、しょうがないですよ。
次に行かないと。

道の駅サンフラワー北竜。
北海道らしいレンガ造りですね。
札幌ビール園みたい。

留萌ですか。
ダムカードよかったですね。
ダムの前傾が見えないほど大きいのかな。(^^)

出たー。
飽きるほどの直線!
青い海と青い空のは最高ですね。

おびら鰊番屋。
北海道は網元が建てた鰊御殿が有名ですよね。
私も小樽で行きましたよ。

みさき台公園も綺麗なところですね。
ここだけでも、ご飯3杯いけますね。(^^)

海鮮かき揚げ丼。
ただのかき揚げじゃなく”タコ”が入ってましたか。(゜゜)
これで海鮮・・・旅の思い出には欠かせないですね。

利尻富士、見えてよかったですね。

オトンルイ風力発電所は見事な風車?の列です。
飽きるほどの直線ですが・・・。

ホント!
人が居ないですねー。
さすが北海道!
2014.09.04 14:17 | URL | #- [edit]
旅人Y says..."Re: タイトルなし"
b_life_9R さん
かなり寒かったです(笑)
ひまわりは今年最後の見納めかなと思い楽しみだったのでとても残念でした;;
本当に、素晴らしい直線でしたwww
ライダー垂涎とはこのことかと思いましたw
おぉ、流石やはり色々なところをたのしまれてるんですね!w
もう本当に最高でなんばいでもしろめしお替りできますw

タコだけみたいに見えましたがw
海鮮でしたw
食べ物は特に思い出になりますw
また食べたいですw

本当に北海道素晴らしい場所ですwww
また生きてる間に行きたいですw
2014.09.17 21:54 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yukutosi.blog.fc2.com/tb.php/47-06d79f84
該当の記事は見つかりませんでした。